破産後のクレジットカード作成について

多額に債務を抱え、資金不足に陥った際に救済制度として自己破産制度があります。自己破産の手続きを行うことで、多額の債務を免責にすることが可能で借入金の返済に悩まなくてよくなります。

 
しかし、自己破産の一方で借り入れをした事実が消えるわけではありませんし、貸し手に迷惑をかけることになります。さらに、自家用車などの資産を売却して債務整理を行う場合もありますから、一定の制約が設けられた生活を送っていくことになります。

 
ですから、安易な考えでの自己破産は貸し手だけではなく、自分の信用まで無くしてしまいます。多くの金融機関が加盟している信用情報センターに自己破産者として最長で7年程度、情報が記録されてしまいます。

 
自己破産後には、制限されていた生活も免責許可が決定されると解除されます。しかし、信用情報センターに自己破産者として情報が載っているために、銀行などのクレジットカードの発行が受けられなくなります。

太陽02

 
カードを発行する上で、一般的に審査といわれるものが各カード会社規定に則って行われますが、自己破産手続きをしている方はほとんどの確立で断られます。最近ではカードが普及してきており、カードが使用できないためにネットショッピングや旅行がしにくい状況になってしまいます。

コメントは受け付けていません。