住宅ローンを組む上での障害について

住宅を購入するときは、大半の方が住宅ローンを組みます。しかし時には希望する金額での、ローンが通らないことがあります。その理由は複数考えられます。

 
借金を返済しなかった過去がある方は、高い確率でローンを組むことができません。過去に消費者金融や銀行からの融資を受けたにもかかわらず、期日通りに返済できないと、ブラックリストに名前が載ります。それは金融機関で共有する情報ですから、すぐにその過去が明るみに出ます。

 
安定した収入がない方も、ローンが組めないことがあります。借入を希望する金額にもよりますが、職業が安定していない、つまり非正規社員やパート勤務の方は、収入が不安定だとみなされます。住宅購入のために借りるお金は、高額ですので、余計に審査に通りづらくなります。

 
例え安定した正社員の仕事についていても、勤続年数が短いこと、または、年収が低いことを理由に断られるケースもあります。まだ将来の見込みが不安定だからです。

 
貯蓄が少ない方も、審査に落ちることがあります。住宅という大きな買い物をするにあたって、自己資金が全く用意できない方は、お金の使い方に問題があると判断されるからです。

 
これらの条件は、あくまでも一例です。この事項に該当する場合でも、ローンの審査に通ることもあります。

???? Vol.5 ??????

コメントは受け付けていません。